スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40才過ぎたら「眼科医」での定期健診を受けよう。

疲れ目の症状の裏には、目の老化、そして時には重大な病気があるかもしれません。

 40才過ぎたら年に一度は眼科医の検診を受けたほうがいいですね。

きょうは「目の病気」の話です。

 [老眼] 新聞が読みにくくなったら

  新聞を30cm以上離さないと文字が読みにくい場合は、老眼かもしれません。

  加齢とともに「水晶体」は硬化し、「毛様体筋」も衰えるため、近くにピントを合わせる調整力が
    低下します。
  老眼鏡を使わなかったり、度数が合わないと、目が疲れやすくなります。

 [白内障] かすんで見えたら

  「水晶体」が次第に白く濁って視力が低下する病気です。

  痛みは無く、視界がかすむ、光がまぶしい程度ですので、発見が遅れがちです。

  早い人で40代で起こり、80代ではほとんどのひとに起こりうる病気です。

  短時間ですむ手術で治ります。

 [緑内障] 視野が欠けてきたら

  「眼圧」が上がり「視神経」を圧迫する場合と、正常眼圧でも「視神経」の抵抗力が弱くなって起こ
    る場合があります。

  40代で30人に1人が起きるといわれています。

  進行が遅いので気づきにくく、ほうっておくと失明の恐れもあります。

  ここでも「早期発見」が大事です。

 [網膜はく離] ちらついたり光が走れば

  「網膜」がはがれて視力が低下。失明の危険もあります。

  初期症状は、「蚊(か)」のような黒いものが飛ぶように見える「飛蚊症」や、
          視野の端に閃光が走る「光視症」があります。

  別の病気が原因の場合もあるので、早めに医者へ。

 [黄班変性症] 視野の中心が欠ける

  網膜の中央の黄班部に異常がおき、視野の一部がゆがんだり、視野の中心が見えなくなる病気
    です。

  50代から増えています。特に「男性」は女性の3倍の発症率です。

これらのほかに、

  「糖尿病」による「網膜症」、「動脈硬化」からくる「眼底出血」など、生活習慣が原因となるものも
    あります。

 ときどき、自分で「目」の見え方をチェックしましょう。


バナー 468*60
不要になったものを「お金」に換えませんか。

 本日の「我が心の詩(うた)」
taco 3689



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

micro ad

最新記事
プロフィール

タコボボ 

Author:タコボボ 
若いころからの熱烈な「健さんファン」です。男の生き方を教えていただきました。公認のファンクラブ会員です。「健さん」ファンの方、コメントお待ちしてます。

最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。