スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「肝臓」と「酒」の話。

 飲んだアルコールのほとんどは肝臓に送られ、肝臓にある酵素の力で分解、無毒
  化されます。

 アルコール自体が細胞にダメージを与える「有害物質」なのですが、
  分解されると「アセトアルデヒト」というさらに有害な物質ができます。

 これが最終的に、酢酸、炭酸ガス、水などになり血液中に流れ込み、一部は
  体内に吸収され、残りは排泄されます。

 このアルコールの流れがスムーズに行われればいいんですが、
  肝臓の処理能力を超える量や速度で飲まれると、
  アルコールは肝臓を素通りして、「脳」に送られ、中枢神経を
  マヒさせ、「酔い」の状態がおこります。

 「ほろ酔い」を通り越すほど、短時間に大量飲むと、中枢神経に異常をきたし、
  呼吸、意識、胃腸などの機能が抑制される「急性アルコール中毒」になり、
  「悪酔い」や「二日酔い」になります。

 飲めば飲むほど、肝臓のアルコール処理の負担が大きくなります。

 いつも飲んでる人は、常に肝臓にダメージを与え続けているのです。

 そして、肝臓はだんだん障害を起こしていくのです。

  続きは次回に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

micro ad

最新記事
プロフィール

タコボボ 

Author:タコボボ 
若いころからの熱烈な「健さんファン」です。男の生き方を教えていただきました。公認のファンクラブ会員です。「健さん」ファンの方、コメントお待ちしてます。

最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。