スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高倉健さんを もう一度

新聞より

 東宝の島谷新社長(59才)が 「健さんに最適の企画をプロデューサーが持ってきてくれたらうれしい」と語った。

 1985年 「夜叉」以来 親交を深めてきた新社長だが、我々ファンも切望している。

ヘンリーフォンダやクリントイーストウッドのように、その年齢に合った映画を見たい。

 健さんよ、もう一度銀幕に。
違う話だが、東京新大学リーグで無名の東京国際大学が創部47年目で初優勝した。

 その監督がかって創立26年目で広島を初優勝に導いた古葉監督だ。

監督は試合中はベンチに腰掛けずダッグアウトの隅で選手を見ているという。

 健さんが自分の出番でも無いのに立ったままで他の俳優の撮影風景を見ているという話をダブらせた。

私は昔から古葉さんのファンで、近くのホテル百万石で「敏いとうとハッピー&ブルー」のライブにたまたま観客席にいた監督が同じ広島ということもあり、ステージへ呼ばれたことがあったのを思い出す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

micro ad

最新記事
プロフィール

タコボボ 

Author:タコボボ 
若いころからの熱烈な「健さんファン」です。男の生き方を教えていただきました。公認のファンクラブ会員です。「健さん」ファンの方、コメントお待ちしてます。

最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。